光木八尋の甘美な憂鬱

深井結己の『光木八尋の甘美な憂鬱』〜スマートフォン対応コミック配信中

光木八尋の甘美な憂鬱の関連記事・検索結果まとめ

あらすじ: 「まったく、こんな難儀な奴を愛してしまうなんて…」 巨大暴力団・竹強会の御曹司である豪太郎と、カリスマ美容師・八尋は幼なじみの間柄だったが、実はかねてから豪太郎のことを愛し続けていた八尋は、遂に半ば逆レイプ的にその想いを遂げてしまう。 ところが、八尋の憂鬱はますます
⇒http://blhuzyosi.seesaa.net/article/364633116.html


表題と最後の話がヘビーな過去持ちだった…でも両方好きだったー。それぞれのその言葉の裏にそういうことがあっての言葉だったのかーって。そりゃ普通に言われたらそのままにしか受け取らんやろうからすれ違うわーっ...
⇒http://booklog.jp/item/1/4812481805


表題作は長編でやってくれてたら好みだった気がする・・・。あの過去といい。関係するまで早すぎなんだよ!!萌えはその過程なんだよおおおお
⇒http://book.akahoshitakuya.com/b/4812481805


深井結己さんの麗人新刊です。肌色率高い表紙ですね〜(笑)drapでも新刊が出てまして。竹書房&コアマガジン合同の深井結己フェア開催ということでそれぞれのコミックスにキャラがコラボしてる描き下ろしペーパーが付いてます♪
⇒http://ameblo.jp/bl-cocolo-r/entry-11546910570.html


ヤクザ、リーマン、年の差リバ、元同級生と私のツボ押されまくりの短編集。表題作は南美〜に出てきた若頭のお話。前作ではちょいヒールっぽい役どころだったけどこっちでは受に乗っかられてて笑える♪男っぽい受が大好きなので...
⇒http://book.akahoshitakuya.com/cmt/29386376


おもしろかった。表題作よりもおっさん作家とその娘の幼なじみ的な青年とのお話が好みであった...
⇒https://twitter.com/kokko80/status/342910590068588544


短編なんだけど、どれも読み応えを感じるお話だったなぁ^^オジサン率高し^^...
⇒http://book.akahoshitakuya.com/cmt/29357291


切ないシーンもありながら…なんだろうこのほっこりした感じ。個人的には豪太郎の天然っぷりが気に入って...
⇒https://twitter.com/kanami5/status/341501641066942464


光木八尋の甘美な憂鬱、読みました。 めっちゃキュンキュンしました。どのカプも好きです。リバ好きなので、リバのお話があってめちゃめちゃテンション上がりました。どのカプも、ラブラブ甘甘で末長くお幸せにo(^▽^)o
⇒https://twitter.com/kitkityo/status/341290510914314241


基本的に深井さんの作品にはアンテナが張っています。(かといって全作品読破してるわけではありませんが)『麗人』掲載作品は、エロさも満載ですが、物語の筋道がキチンとしているので...
⇒https://twitter.com/china_gon_gon/status/340476150549733378


めっちゃ好き。どのカプもいいわあ。ヤクザ×美容師も、おじさん受けも、リバも、実習生も、ラブラブ甘々末長くお幸せにo(^▽^)o...
⇒http://booklog.jp/users/kitkityo/archives/1/4812481805


南美隆輔の傲慢な正餐のスピンオフ。893BL描かせたらたまらんね。ってくらい深井結己の893BLは好きです。2話展開の話がちょうどいい…?
⇒http://book.akahoshitakuya.com/cmt/29255381